男の人

アシナガバチの巣を発見した場合には駆除業者に直ぐ様相談しよう

住宅に住み付く害虫とは

シロアリ被害

被害にあわないために

シロアリは木材を中心にエサにしてしまうことから、日本のように木材住宅が多い状況では被害にあいやすくなります。住宅を支える柱や床などを食い尽くしてしまうため、住宅の劣化がどんどん進んでしまいます。シロアリ被害を最小限に抑えていくためには、ある程度の対策が必要となってきます。その具体的な対策には、湿気を溜めないように風通しを定期的に行うことや、住宅周辺に廃材などを置かないようにすることです。シロアリは湿気を好む性質があり、陽が当たらないジメジメした環境に適した生き物です。そしてエサとなるようなものがたくさんあれば繁殖もしやすいため、必要以上に木材などの不要な物を置いてしまうのはよくありません。このような対策を心がけるとともに、築年数が経過すればシロアリの点検を専門業者に依頼してみる対策も有効的です。シロアリ被害の危険性があれば、駆除してもらうこともできるため、本格的に取り組むことも大切です。

一定の築年数からは要注意

シロアリ被害を考える目安として、住宅の築年数が5年となれば注意しなければいけません。また、床下が低い構造も被害にあいやすく、換気口が少ないのもシロアリ被害の原因となってしまいます。そして、住宅周辺に川や池、井戸などがある環境も、シロアリが繁殖しやすい環境となるので要注意です。シロアリ被害は兆候のような現象が起こる以外に、気づかないことも少なくありません。被害が進めば大掛かりな工事が必要になる可能性もあるため、早めに発見して対策を打たなければいけません。これらを調査するには一般の人では難しいこともあり、専門業者の調査や駆除がとても役に立ってくれます。これらを行うことで、住宅の寿命も長く保たれるようになります。

Copyright © 2017 アシナガバチの巣を発見した場合には駆除業者に直ぐ様相談しよう All Rights Reserved.